手根管症候群


手のひら


解説:
手関節の掌側(手のひら)には、骨と靭帯が形作る手根管というトンネルがあります。ここを九本の指屈筋腱と神経が通っていて、この神経(正中神経)が圧迫され発症する絞扼(こうやく)神経障害が手根管症候群です。
正中神経は精密な神経と呼ばれるように、その障害は母指の繊細な動きが損なわれて日常生活に支障をきたします。
神経が圧迫を受けますと、初期には知覚神経の障害として母指・示指(人さし指)・中指および薬指の母指側にしびれ感が出現します。
しびれ感は手を使い過ぎた後に増強したり、夜間や早朝に痛みを覚えたりすることもあります。
さらに神経の圧迫が継続すると、運動神経の障害としての母指球筋(手のひらの母指側にある膨らみ)の萎縮がおこり、摘み動作などが障害されます。こうなると、手のひらは変形して猿の手のように扁平してくるので、猿手(さるて)とよばれています。
正中神経の圧迫は、手根管部だけに起こるのではなく、肘の周辺で生じることもあります。手指のしびれ、痛みは頚椎疾患などでも認められますので、他の疾患との鑑別が必要になります。専門医の早期受診が重要です。

原因:
手根管症候群の原因としては、職業あるいは日常生活における手の過度な使用、手関節骨折・脱臼・変形の後遺症、腫瘍、腱鞘炎、透析、全身性疾患(糖尿病・慢性関節リウマチなど)、神経・筋の奇形などが知られています。しかし原因が特定できないような突発例も存在します。
女性では妊娠出産期と更年期に発症のピークがあります。この原因としてはホルモンの乱れによる腱の浮腫、神経の易損性亢進(もろくなっている)が考えられています。

治療:
治療は、症状が比較的軽度であれば、まず保存療法を行います。消炎鎮痛剤の内服、理学療法、装具等による局所の安静、局所への副腎皮質ホルモン剤注入などです。特発例や手の過度な使用が原因と考えられる症例では保存療法で治癒する場合も少なくはありません。
三ヶ月程度で改善しない場合や進行例に対しては、手術療法が適応となります。手術の目的は手根管内で圧迫されている神経を除圧することです。
手術は手根管を形成している靭帯(横手根靭帯)を切離する方法により通常は行われますが、腫瘍(しゅよう)などがある場合は、これを切除しなければなりません。
母指球筋の筋萎縮が高度になると、手術をしても神経が満足に回復しない場合もありますので、なるべく早期に手術を受ける必要があります。